チベツト文化圏国際旅行会社
HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

四川省のチベット世界

川省のチベット世界/Tibetan Culture in Sichuan 

国西南部には中国人達が(蔵族)と呼ぶチベット人が夢唯暮らしている。四川省に所属しでまだ」まだチベット語でカムと呼ばれてあり、そしてチベットの心臓と呼ばれるラサが位置するチベット自治区があり。東チベットと呼ばれるカムと意味は「カの意味は辺遠」「ムの意味は人」辺遠人と言う意味ですが、まだチベット文化圏内で最大規模を誇る僧院と1万を超す僧房が丘を埋め尽くす、そして今チベット仏教世界巨大な共同体である、五明仏学院、信仰の対象に近い。

16ec617d71db4028b0cacebaf24e25c8.jpeg3-160G61PH5951.png

カムチベットの男                               仏塔の前に経文を覚える若い修行者

タルショと呼ばれるのは、これらの幡にはお経が印刷されており、チベット仏教を信仰する人々から見れば、風に乗って踊る経幡がゆらゆらと揺れるのは、一度お経を読んで、神伝の達人の願いに絶えず、神の加護を祈っているからだ。こうして、経幡は神と人を結ぶ絆となった。風幡があるということは、神がいるということであり、神への祈りがあるということでもある。風幡は人々の美しい願いを託している、邪悪な侵入と。 ロンダはまた、加か旗、祈祷幡などとも呼ばれ、あるいはロンダ、ロンダと音訳され、チベット仏教地区の祈祷石や寺院の頂上、オゾン包の頂上によく各色の布で八の字真言、六の字真言などの呪文を書き、束にして串にし、木の棒で立てた旗を指す。布には風馬一匹が描かれており、祈りを風馬によってあちこちに広めることを意味しているので、「風馬旗」と名付けられた。


            亜青寺「アチエガル ゴンパ」/YAQING TEMPLE


39235dfb6f1647049142b286df488518.jpeg636748116.jpg

                  絶景の巨大尼僧院・アチェンガルゴンパ   全景の夜景色                アチエガル ゴンパ十万仏塔

青寺「アチエガル ゴンパ」は四川甘孜蔵族自治州白玉県昌台区阿察郷にあり、西暦1985年に建てられ、大円満龍欽、龍薩の2大清浄伝承祖師:ラマ阿秋仁波切の建設によって主宰された。ラマ仁波切が静まり返った後、現在は衆生の親主:阿松桑昂丹増仁波切が住職を務め、四川甘孜蔵族自治州白玉県昌台区阿察郷の境内に位置している。 寺の特色/亜青寺 亜青寺は四方を山に囲まれた草原湿地の上に建てられ、数万軒の修行者が住んでいる小屋があり、縦横に入り組んだ川が寺全体の建築群を取り囲んでおり、朝や夕方になると炊事の煙が立ち込め、川の水は金色に輝いていて、賛美の声が風に乗って遠くから聞こえてきて、まるで天の声のようで、心を打たれた。主伝寧瑪巴大円満実修教法耳伝のコツ(成熟口訣法)――極密心滴部の車(直断)、脱嘎(頓超)。そして弟子には閉所実修を厳しく要求した。亜青寺で修学したが、生活条件は極めて厳しく、交通が不便で物資が欠乏していた。しかし、これらのすべては志実修士の足どりを止めることはできず、常住修学の漢族の弟子も数百人に達し、亜青寺の「円満光明殿」(亜青寺大経堂の名称)は、有名な桑耶寺の本堂「邯孜大殿」を模して建てられ、外形は気勢が高く、内には160本の柱から構成されており、これらすべてに深い喩えがある。 弟子分布/亜青寺 亜青寺には現在2万余の僧尼が常住しており、川を境にザバ、クムの2区に分かれ、8つの州がある。ザバ(出家男衆)は五つの州に分けられる:法性光明州、輪涅法性洲、普賢静考洲、大楽解脱道洲、明体自解脱洲、覚ム(出家女衆)は3つの州に分けられる:楽空双運洲、普賢大楽洲及び二諦双運洲。信心深い人々の素朴な生活と、人々の信仰心を代表する巨大な僧院が残る「チベットらしい」地域としてチベット好きな人々に愛されています。そしてそんなカムに自然発生的に出現した修行地が発展した、巨大な尼僧院「アチェンガルゴンパ」(ゴンパはチベット語で「僧院」という意味)というお寺は、男の僧侶が集う「ラルンガルゴンパ」とともに、その圧倒的なビジュアルで「写真好き」「絶景好き」な人々に話題のスポットです。数千人規模の修行者が集まり、自分たちで僧坊や修行小屋を建て、川の中州を街のように埋め尽くす様は、まさに圧巻です。山を越え、谷を渡り、大草原を長い道のりをかけて走り、やっとたどり着くその姿は神々しいほどです。現在、ラルンガルは外国人観光客の訪問に制限がありますが、アチェンガルも来年には制限がかかるのでは?と噂されています。


                            霊寿寺[ダンゴ・ゴンパ]/REIJUJI TEMPLE

   src=http___youimg1_c-ctrip_com_target_fd_tg_g6_M00_B5_61_CggYtFb8ryOARl-DACEFeY4wCBA356_R_1024_10000_Q90_jpg&refer=http___youimg1_c-ctrip.jpgsrc=http___img1_qunarzz_com_travel_poi_1604_4c_7e3afb883d268bf7_jpg&refer=http___img1_qunarzz.jpg                                                     

                      霊寿 寺 のマニ石で作た仏塔                                                              ダンゴの街を一望する霊寿寺(ダンゴ・ゴンパ)を見下ろす

寿霊寺はチベット仏教のグルー派寺院である。甘孜州炉霍県城新都鎮内の鮮水北岸に位置する「色登龍然蘇」の山腹にあり、「ホール十三寺」の一つである。霊はチベット語で長寿と平安を祈ることを意味する。 寿霊寺、初名しゃぶしゃぶ丹廻登郎吉嶺(知足天永久降福寺を意味する)、清順治七年(1650年)に創建され、歴史的に地震で何度も破壊された後、ホール章谷寺と改名し、寿霊寺と改名した。寿霊寺は、建設開始以来3度移転したが、1973年の地震で破壊された後、県城から北へ2キロ離れた然蘇岗と色徳龍の間に移転し、1983年に復元工事を着工し、1988年9月に復元竣工した。 現在の寺の建築面積は14000平方メートル余りで、釈迦牟尼仏の供養を主とする大雄宝殿1基(3階)、吉祥殿1基(2階)、大小の仏堂僧房277間を建設し、僧侶246人を常住させ、瓦瓏尺志降巴其扎を主宰活仏とした。同寺は10の寺、12の日車を管轄し、炉霍県の主要な宗教仏事活動場所の1つであり、1982年に州人民政府の許可を得て開放された。『寺志』によると、歴史上寿霊寺の最大規模は清順治8年(1651年)に県城以南約3キロに移転した老街山格塔弄の時期である。


                                    色達[セルタゴンパ]/SEDATEMPLE

2042934_20190411150942186070_0.jpg380149_20161107214510289017_0.jpg

                                 チベット仏教の四大宗派の最大級の僧院                                                            僧侶がお経を唱えながら巡礼

セルタルとは金色の駿馬を意味する。チベット高原の上にあり、バヤンカラ山脈(巴顔喀拉)の東南部が走り、県内には4,000mを超える高い峰が連なる。セルタルの人口の大部分は牧畜に従事する。県内の有名な寺院には、ニンマ派の最大級の僧院ラルンガルゴンパ(喇栄五明仏学院)がある。ラルン?ガル?ゴンパはニンマ派(チベット仏教の四大宗派)の最大級の僧院であり、約3万人の僧侶が学んでいます。無数の赤い建物は「宿坊」という僧侶が住む家であり、ここラルンガルゴンパは巨大な街になる。色達県の人口は約46000人、県の大部分は標高4000m以上の高原である。年間平均気温が-0.16度と非常に寒く、荒涼としたチベット世界が広がっています。県城(色達県の中心)は、ラルンガルゴンパから約20キロほど西にある。喇栄五明佛学院がある山の頂上には金色のマニ堂があった。周辺には五体投地しやすいように設置された板がある。頂上から見る赤い絶景に感動して、うれしそうな顔をしているのは私だけではない。ラルンガルゴンパは1980年に創建された比較的新らしいお寺です。国道317号線沿いの三叉路から約3キロほど奥まったところにあります。奥に向かう道路を歩いていると、赤いマッチ箱のような家がはりついた山が現れる。小さな赤い家は、ラルンガルゴンパの僧房である。舗装された道路を登っていくと、左手にラルンガルゴンパの本堂が見える。これだけ規模が大きい本堂は、四川、甘粛、青海省などのチベット自治州にある寺院でもなかなか見られない。ラルンガルゴンパの本堂のそばにある路地から僧房の前を通りながら、丘のてっぺんに登れます。僧房の前にある細い道は迷路のよう。なんとなく上りになっている道を選んで登っていけば、てっぺんにたどり着ける。ラルンガルゴンパがある小山のてっぺんには、金色のお堂が建っています。中国では「壇城」と呼ばれるこのお堂のまわりには、マニ車が並んでいる。チベット人に混じって、お経を唱えながら、一緒にまわる。てっぺんのお堂の周辺では、五体投地用の板が置かれている。ここでは、中国各地から集まってきた巡礼のチベット人が思い思いのペースで五体投地をしている。五明仏学院は「一面赤い色達山河」と言っている。ここの僧舎はとても壮観で、何キロもの谷がびっしりと続いている。谷底や山梁にはいくつかのお寺やお堂が分布している。赤い僧服を着たラマと尼が行き来している。仏学院の最高峰に、金色に輝く建物があり、「壇城」といい、梵文の名前は「曼荼羅」で、仏教の密宗の儀規によってある種の祭祀活動を行う道場を意味している。普段は人々が経を回る場所である。


                                                 達古氷河/Dagu Glacier

28449214_1383905349012_mthumb.jpg6f37ce2a89fd4d73afaa9b344c73721d0.jpg

達古氷河景勝地は中国四川省アバチベット族チャン族自治州黒水県境に位置し、氷河、雪山、森林、野生動物、草甸を一体化した自然生態観光地である。ダグ氷河はアジアでは珍しい現代山地氷河で、標高は3800-5100メートル余りで、主に3つの核心区の氷河から構成されている。ダグ川沿いは植生が茂っている。昌徳溝、三達古牧場はまた濃厚な草原の風情を持っている。観光地内の現代世紀氷河は中国初のカラー氷河であり、これまで発見された世界で最も標高が低く、面積が最も大きく、年齢が最も軽い氷河でもある。ダグ氷河景勝地には国家一級保護動物のキンシコウ、レッサーパンダなどの珍しい動物がいる。


                                                                                                   黄龍景勝地/Huanglong Scenic Area

e45b0e487478467facb5d32c262baba6_th.jpgyYdV6OFJ3xVyQYZr=JSTtdPT56MFrvRmUnhX13VSfEwlb1553521962523compressflag.jpg

黄龍景勝地は四川省アバチベット族チャン族自治州松潘県に位置する。面積は700平方キロ。中国で唯一完全に保護された高原湿地で、九寨溝から100キロ離れ、海抜1700-5588メートル。 黄龍は彩池、雪山、峡谷、森林の「四絶」で知られ、灘流、古寺、民俗を加えて「七絶」と呼ばれている。観光地は黄龍溝、丹雲峡、牟尼溝、雪宝鼎、雪山梁、赤星岩、西溝などの観光地から構成されている。主な景観は長さ約3.6キロの黄龍溝に集中し、溝内に炭酸カルシウム化堆積が広がっている。棚田状に配列され、豊富な動植物資源で人間界を誇り、「世界の奇観」、「人間瑶池」などの美称を享受している。1992年に「世界自然遺産リスト」に登録された。高山景観のほか、ここではさまざまな森林生態系、石灰岩構造、滝、温泉を発見することができます。この地域にはジャイアントパンダや四川いぼ鼻キンシコウなど、絶滅危惧種も多く生息している。 黄龍は規模が大きく、構造が奇抜で、色彩が豊かな地表カルシウム化景観を主景とし、珍しいカルスト地形で国内外に知られ、人間の仙境とも言える。2016年10月9日、国家観光局は11連休の観光「赤黒ランキング」を発表し、黄龍観光地は総合秩序の最適な観光地にランクインした。世界自然遺産、世界人と生物圏保護区、「グリーン環球21」証明書、国家AAAAA級観光地、国家重点観光地です。


                                            九寨溝/Jiuzhaigou Scenic Area

Cii9EVcUnwSIErDPAAP0_i8Sg-wAADWTwBvmTcAA_UW664_w500_h280_c1_t0.jpg152fa33b6179708863b78688d2193c3c.jpeg

九寨溝は四川省アバチベット族チャン族自治州九寨溝県漳扎鎮に位置し、白水溝上流の白河の支溝で、9つのチベット族の村寨(何薬九寨とも呼ばれる)があることから名付けられた。九寨溝は海抜2000メートル以上で、原始林に分布し、溝内には108の湖が分布している。 孔雀河道 九寨溝の四季折々の景色は魅力的だ。動植物は資源が豊富で、種類が多く、原始林が広がり、ジャイアントパンダなど10種類以上の希少で貴重な野生動物が生息している。雪の峰が林立し、雲が高くそびえ、年中真っ白な雪を眺め、チベットの木楼、干架経幡、桟橋、磨屋、伝統的な風習と神話伝説からなる人文景観を加えて、「美しい童話の世界」と誉められている。 九寨溝は岷山山脈の南段のサンルナ峰の北麓に位置し、長江水系嘉陵江の源となる支溝であり、青蔵高原が四川盆地に移行する地帯でもあり、地質構造が複雑である。ここは高差が大きく、気候が多様で、山紫水明である。九寨溝の主溝は「Y」の字を呈し、全長は50キロ余りである。溝の中には湖、滝群、カルシウム化灘流などが複数分布している。水は九寨溝の景観の主役だ。青々とした谷川の水がネックレスのように森と浅瀬の間に差し込んでいる。色とりどりの湖と雄大な勢いの滝に目を奪われた。   原始林は九寨溝の半分以上の面積を覆っている。林の中には植物の種類が多く、現在は天然林が3万ヘクタール近く、植物が2000種以上ある。脊椎動物170種、鳥類141種を含め、国が保護している17種の野生動物が生息している。林の上には厚い苔が積もっていて、鳥獣の羽が散らばっていて、原始林の風貌に満ちていて、まるで美しい世の外の天地に身を置いているようだ。