チベツト文化圏国際旅行会社
HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

シガツェ(日喀则)観光地情報

     タシルンポ寺/ Tashilhunpo Monastery

微信图片_20220907192322.jpg



タシルンポ寺は1447年にツォンカパの弟子1世ダライラマゲンドゥンドゥプが(後蔵 ウーツァン)の大貴族の援助を得てタシルンポ寺を建立。建設には12年かかった。チベットゲルク派6大寺院の一つであり、シガツェを代表する大寺院です。タシルンポとは、チベット語で「吉祥の須弥山」を意味します。須弥山とは、古代インドの宇宙観で、世界の中央にあるとされた高山のことです。建立当初のタシルンポ寺はそれほど大きな寺院ではありませんでしたが、建立からおよそ150年後の1600年、4世パンチェン・ラマの手により大規模に拡張され、以降幾度もの拡張を繰り返し、現在の大寺院の姿となりました。境内にはパンチェンラマ1世から10世の霊塔を安置した霊塔殿の他、高さ26mの弥勒坐像を祀る弥勒仏殿、大集会堂などがあります。ダライ・ラマと同様に、その地位が代々転生によって継承されるパンチェン・ラマ制度は、ダライ・ラマ5世が、自分の死んだ師匠を阿弥陀如来の化身と認定したことに始まります。以後、同寺はパンチェン・ラマ1世の転生者が座主をつとめるようになりました,今は歴だダライ・ラマの冬住んむ所です。




                                   シャール寺/ Shalu Monastery


夏魯寺は西暦1087年に建てられ、寺を建てた創始者傑尊嘉饒穹尼 西暦1320年まで、元朝時 夏魯寺はブトン大師を迎えて寺務を主宰し、それ以来チベットの仏陀の中

に夏魯派を建てた。西暦1333年の元恵宗の時になると、ブトン大師の乃重行がこの寺を建てた。チベット仏教後弘期初期に建てられた古い寺院で、  

ゲルク派の多くの寺の前にあり、しかもシャル

派の政治的な衰退に伴い、ブットン大師が拡張した後も大きな改築と修理を行っていないため、寺の壁画は宋、元時代の姿を基本的に維持し、現代人が中世壁画芸術を鑑賞し、研究するために極めて貴重な絵画サンプルを提供している。


          微信图片_20220909174243.jpg     微信图片_20220909174249.jpg

               .シャール寺外観                       シャールの寺壁画芸術



                                                                                                                  サキャ寺/ Sakya Monastery

サキャ寺名の「サ」チベット語は「土」を意味し、「キャ」チベット語は「灰白色」を意味し、「サキャ」は「灰白土」を意味する。本波山の中腹に灰白色の岩があり、長年風化して土のようになったことから名付けられた。サキャ寺は南、北の2つの寺に分かれ、仲曲河は2つの寺の間を横切っており、北寺は河北岸の本波山「灰白土」の山岩の下に位置し、南寺は河南岸の平堤の上に位置している。 1073年、吐蕃貴族昆氏一族の末裔である昆・ゴンクージェブは本波山の南側の山の斜面に、土が白く光沢を帯び、瑞相を呈していることを発見した。すなわち出資して寺を建て、後に「サキャ広布」と呼ばれたが、10分は粗末で、これがサキャ北寺の前身である。その後次第にサガ派が形成されていった。サキャ寺は文殊菩薩を象徴する赤、観音菩薩を象徴する白、金剛手菩薩を象徴する青塗りの寺の壁を採用しているため、サキャ派は通称「花教」とも呼ばれている。サキャ派は血統伝承と法統伝承の2つの伝承方式を採用している。貢辞傑布が静寂した後、ゴンガ・ニンブは学識が広く、サキャ派の教法を完備させたため、「サツィン」(サキャ大師)と尊称され、サキャ派の初祖となった。ゴンガ・ニンブの次男であるソナンズモはサキャ寺の二祖である。三男ザバ堅賛は57年にわたって薩迦寺を主宰し、薩迦三祖となった。四男ベチンウォブの長男サバンゴンガ堅賛1251年は、「サバン」、または「サガバンジダ」と略称し、サガ四祖である。サキャ寺の全寺には40以上の建築ユニットがあり、規模は雄大である。1073年、貢却傑布は「薩迦広布」、すなわち薩迦北寺の前身を建てたが、当時の北寺は規模が小さく、構造が非常に粗末だった。ゴンガニンブはサガ北寺の建設に重要な貢献をし、修法の場として「ラチャシャ」を創建し、その後「古絨毯」建築群を建設し、護法神殿、塑像殿、蔵書室からなる。サキャ北寺の主要建築物である「ウゼニンマ」大殿もゴンガニンブが創建し、その子である索南孜摩、ザバ堅賛らによって増築され、後に金頂が加えられた。 元朝の時、この大殿の西側にまた8本の柱の配殿が建設され、ウズシマ殿と呼ばれていた。その後、歴代のサキャ法王は前後して山の斜面にサガ北寺を増築し、多くの建物を増築し、くねくねと重なり合うサガ北寺建築群を形成した。