チベツト文化圏国際旅行会社
HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

青海省のチベット世界

                                                                                                                  青海省のチベット世界Tibetan Culture in Qinghai

青海省は「青」と略称され、省内には中国最大の内陸塩湖である青海湖があるためこう名づけられました。微信图片_20220910152323.jpg

青海省は中国西部地区にある青海・チベット高原の北東部に位置し、新疆 、甘粛、四川、チベットの四省・自治区に隣接しています。青海省は長江、黄河、 瀾滄江の源のあるところ、「三本の河の源」と称されています。総面積は72万平方キロメートルで、全国の各省、自治区の中で4位を占めています。そのうち、草原面積は3160万平方キロメートル、耕地面積は58.99万平方キロメートル、森林面積は25万平方キロメートルであり、そのほかは高い山、湖沼、荒野、砂漠、氷河などです。西寧は青海省の省会(省の政府の所在する都市)です。西寧は標高約2300メートルもあります。夏涼しく、冬は零下を下回る日のほうが多いところです。イスラム教を信仰する回族が市内の中心部に住んでいるので、モスクやイスラム食堂が数多くみられます。緑を基調としたモスクや食堂が並ぶ街並みはエキゾチックで、漢族の町とは雰囲気が違います。1724年、雍正のチベット分割の際に清朝がグシ・ハン一族より接収したチベット東部の最北部に「青海」地方が設けられました。その領域は西寧弁事大臣管轄下の青海蒙古四十旗と、チベット系、モンゴル系の諸侯40家からなる青海四十族の所領を合わせた範囲で、青海蒙古四十旗は盟旗制、青海四十族は土司制によって管理されました。世襲の領主に所領を安堵する盟旗制、土司制度は、辛亥革命によって成立した中華民国、また1928年にこの地に省制度を敷いた南京国民政府の下でも引き続き維持され、廃止されたのは中華人民共和国政府によってです。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                     青海湖/   Qinghai Lake微信图片_20220910153018.jpg



青海湖チベット語名は「措温布」(「青い海」を意味する)で、中国の比較的大きな内陸湖、塩水湖であり、祁連山脈の大通山、日月山と青海南山の間の断層が陥没して形成された。青海湖観光地は地域が広く、高原湖を主体として、草原、雪山、砂漠などの景観を兼ねている。湖の中には5つの形態の異なる島があり、青々とした湖水が周囲の高山に囲まれており、まるで巨大なエメラルド玉の皿が高山、草原の間に平らに埋め込まれており、山、湖、草原が互いに映り合って趣のある壮美な風景と美しい景色を構成している。





.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                    チャカ塩湖/   Chaka Salt Lake微信图片_20220910153802.jpg




チャカ塩湖は中国の青海省、海西モンゴル族チベット族自治州の烏蘭県にある塩の湖です。省都西寧から300キロメートルほど。海抜3059メートルという高所にあります。極めて塩分濃度が高く、世界最大級の塩埋蔵量をほこるということです。見渡す限り雪のように白い塩と透明な青い水による幻想的な景色が広がります。晴天時には水面が空を鏡のように映し出し、まるで南米のウユニ塩湖のような光景が現れます。





.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                               タール寺/   Kumbum Monastery d61940f4787b4cb0b3867a045936d999_th.jpeg

チベット語の名称「古本賢バーレーン」―十万仏像弥勒洲、チベット仏教の有名な聖地、ゲルク派の6大寺院の1つで、最初に宗喀巴大師記念塔を建設し、その後徐々に寺院を建設したため、「 タール寺」と命名され、「第2仏陀、文殊菩薩化身」宗喀巴大師誕生地のため、「第2藍毘尼園」と呼ばれ、青蔵高原北東部の宗喀地区―青海省西寧市の南西25キロに位置する、西暦1379年に建てられ、1560年に「仏、法、僧」の三宝がそろった寺院を建て、何度も拡張され、規模を備え始めた。最盛期には3600人、活仏80人、現有800人以上の寺僧衆が住んでいた。チベット仏教ゲルク派の創始者である宗喀巴大師の誕生地であり、荘厳な仏教の聖地と道場であり、長い歴史とチベット仏教界での崇高な地位で国内外に知られている。塔爾寺は貴重な民族文化遺産であり、それは広くて深い仏教文化、造形の精巧な仏像造形、光り輝く独特な建築風格、広大で煙海の古書蔵書、豊富で貴重な文化財コレクション、独特な「芸術三絶」、および僧衆たちの独特な修行方法で、世界各地の信者と観光客を引きつけて巡礼、観光に来て優勝させた。


.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                      アムネマチン/   Amne Machin 微信图片_20220910160800.jpg


アムネマチンは中華人民共和国青海省ゴロク・チベット族自治州(チベットアムド地方南部)にある山々で、崑崙山脈の東部に属しており、最高峰の海抜は6,282メートルである。チベット語でアムネは老人、マチンは活仏の従者を意味する。また、現地のチベット族は「神の山」の意だとしている。「アムネマチン」は現地方言による発音であり、ラサ方言では「アニエマチン」(アニエマチェン)となる。チベット民族の四大聖地のひとつで、黄河の源流近くにある,最高峰は単にアムネマチン(瑪卿崗日)、瑪積雪山です。




.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                 夏群寺 /Xiaqun Temple       微信图片_20220910163431.jpg

                                                                                 

夏群寺は1349年に建てられた、青海省化隆県査甫郷に位置し、チベット仏教のゲルク派の創始者宗師宗喀巴大師がここで剃度出家したことで知られている。この寺は地勢が異常で、奥ゆかしい。寺の後ろの崖は翼を広げて飛び立とうとする鷲の鳥のような形をしているので、「夏瓊寺」と名付けられた。青海省で最も古い寺院の一つである。1385年にゲルク派の創始者宗師宗喀巴大師の先生、頓珠仁欽が死去した後、遺体は同寺の煉瓦積み霊塔の中に保管され、霊塔殿が建てられた。1583年、3世ダライ・ラマ索南嘉措は招待に応じて内蒙古に行って私の答汗葬儀に参加して夏瓊寺を通り、金を贈ってこの塔を留金銅塔に変えた。18世紀初め、7世ダライ・ラマガルサン嘉措はまた金舗に霊塔殿の金頂を建てた。また、トン・ジュインチンや宗喀巴師弟がかつて住んでいた文殊殿などもある


.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                   レゴン(同仁)/   Legong          微信图片_20220910164518.jpg


隆務寺は、チベット語で“隆務大尓法輪洲”という歴史の古いチベット仏教サキャはの寺院である。安多政教史よれば元の大徳5年(1301)には既にこの地にはチベット仏教サキャ派の寺院があった。明の万暦年間(1573-1620)に隆務寺はサキャ派からゲルク派へ改宗している。もともとサキャ派の寺として創建され。一番盛んだった時は2千数百人の僧がいた大寺院。現在はゲルク派で、僧は400人ほど、 まだ若い座主ロンウォ・キャプクン8世をはじめ4系統の転生ラマがおり、仏教理論の博士にあたるゲシェの位をもつ高僧もいて、ゴンパとして立派に機能している。



.......................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                   ラブラン寺(甘粛省)/ Labrang Monastery微信图片_20220910165612.jpg


ラブラン寺は甘粛省甘南チベット族自治州夏河県にあるゲルク派の寺院。ラプラン・タシーキル寺とも言う。中国語では拉卜楞寺と表記する。チベット自治区のガンデン寺・セラ寺・デプン寺・タシルンポ寺、青海省のクンブム・チャンパーリン寺(タール寺)とともにゲルク派六大僧院のひとつとされる。 1710年にジャムヤン・シェパ一世によって創建。往時は108の寺があり、活仏も500人前後が在籍していたという。しかし、文化大革命で閉鎖され、多くの堂・僧院が破壊された。その後多くの建物が再建され、現在在籍している僧は千人規模となっている。 現在はチベットのゲルク派寺院では最高レベルの学問寺となっている