チベツト文化圏国際旅行会社

HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

ラサ郊外の観光地情報

現在のところお支払いは現地にて現金でのみ(日本円でのお支払いも可能)承っております。クレジットカード等はご利用になれませんので、予めご了承ください。

                                                                                                                            ヤルンズアンボ[川]/Yarlung Zangbo

中国,チベット自治区を流れる大河。雅魯蔵布江と漢字表記される。上流はヒマラヤ山脈北麓の氷河に発するダムチョクズァンボ(当却蔵布,馬泉河)で,ヒマラヤとカイラス(ガンディセ,岡底斯)山脈の間を東流,サガ(薩嘎)付近でヤルンズアンボとなり,ニャンチュ(年楚河)やラサ河などを集め,ヒマラヤ山脈東端部のナムチャバルワ峰付近で深さ5382mに達する世界最大級の峡谷をつくり,大転回して南下,インドに入りブラフマプトラ川となる。

微信图片_20220908101115.jpg

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                    ヤムドゥク湖/   Yamdrok Lake

ラサからおよそ110km、2時間ほどで到着します。チベット仏教3大聖湖のひとつ。標高4,400mに位置し、紺碧の湖水が荒涼とした大地に美しく映えます。大正元年に入蔵した日本人僧侶・青木文教が、湖の美しさを「磨きたての瑠璃板のようであった」と評したほどです。また、かつてダライ・ラマの後継者の選定は、この湖畔でも占われていたといわれています。ヤムドク湖には伝説があります。昔、ヤムドク湖は碧玉ような湖でした。その傍には白地村がありました。そこに住む美しい女の子は毎晩、湖で体を洗っていました。そのため彼女の肌は白い玉のようにきれいでした。村に住む農奴の主人はこの娘を気に入り自分のものにしたくてたまりませんでした。ある晩、女の子が体を洗っている時、領主は彼女を家に連れ去ろうとしました。そのとき天上から仙女が現れ、凶悪な領主を数珠で打ちました。しかし領主も女の子を放さなかったので二人とも湖の底に落ちてしまいました。翌日、白い水鳥が湖から飛び出しました。女の子が鳥になったのです。それから水鳥はいつも湖で水浴びをし、湖の上を羽ばたいています。白雲ような羊の群れと白い水鳥、さらにはこの不思議な伝説とヤムドク湖は神秘的な聖なる湖になっています。

20bf41e1-e9f3-4986-ad64-b13d9a83308a.png

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                             ナムツォ/   Nam Tso

中国、チベット自治区中部にある湖。チベット語でナムツォ(納木錯)といい、「天の湖」の意味をもつ。モンゴル語ではテングリ湖(騰格里湖)という。面積1940平方キロメートル、湖面の標高4718メートル、チベット最大の塩水湖である。ナムツォ(納木錯)の南にある主峰ニェンチェンタンラ峰(7111メートル)のほかにも氷河をもつ高峰が多い。蔵北(ぞうほく)高原(チャンタン高原)の南東隅にあり、南側には氷雪を頂いたニェンチェンタンラ山の主峰がそびえる。湖周辺は水草が豊富で、ヒツジ、ヤクなどの放牧が盛んである。冬季には湖面は結氷する。

微信图片_20220908103125.jpg

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                   ヤンバジェン(羊八井)温泉/Yangbajing hot spring

チベット自治区南部の鎮。ダムション県に属する。ラサ市街の北西、ニェンチェンタンラ山脈の主峰の南に位置する。人口5770(2016)。高温の水蒸気、熱水が地下から噴出する地域で、地熱発電所が設けられている。東部の熱水湖(面積7350平方メートル)は、湖中から50~60メートルにも達する水蒸気の柱を噴き上げ奇観を呈する。ラサとは長距離バスで結ばれている。

微信图片_20220908104025.jpg

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                                ガンデン寺/ Ganden Monastery

チベット仏教ゲルク派のラサ三大寺のひとつガンデン寺の座主職で、ゲルク派の首座。 ゲルク派の宗祖ツォンカパを初代とし、歴代のガンデン・ティパは「ツォンカパの後継者」と位置づけられ、ラサの大祈願祭(モンラム大祭、モンラム・チェンモ)の長となること、説法と廻向を行うこと、日常は大本山ガンデン寺で顕教と密教の書物について教育を行うことを主要な職掌とする。 ガンデン寺のティパ職は、同派内で最高の碩学と目される人々が交代で就任する伝統が早期に確立され、15世紀より16世紀にかけ、同派が化身ラマ制を受け入れるに伴い、デプン・セラ・タシルンポ・ラプラン・クンブムなど他の大僧院の座主職は次第に化身ラマの指定席になっていったが、ガンデン寺のティパ職は、本人の資質・能力のみを条件とする数々の資格試験と役職をこなしてきた有資格者たちが、7年の任期で交代で着任しつづけて現在に至っている。 1642年以降、ダライラマの位置づけが「ゲルク派の有力な化身ラマの名跡」から「宗派を超えたチベットにおける最高の宗教的権威」へと上昇する変化が生じたが、ダライラマはもともとツォンカパの弟子ゲンドゥンドプを初代とする名跡であり、現在でも、ガンデン寺におけるティパ(座主)の為の坐台がダライラマの席よりも上座に設定されている、仏教徒であるチベット人がこの地位を「ゲルク派のもっとも偉いラマ(dge lugs pa'i bla ma che shos dga' ldan khri pa)」、「ゲルク派の最高指導者(dge lugs pa'i dbu khri che shos)」等と述べるなどの事例が観察される。 チベット動乱の際、ティパをはじめとするガンデン寺の寺院組織と所属の僧侶多数はチベットを脱出して亡命、ガンデン寺はインド南部カルナタカ州ムンゴッド(Mundgod)に伽藍を再建し、活動を継続している。.

微信图片_20220908111259.jpg

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

ゴンガルチュデン寺/Gongga Qude Temple

ゴンガルチュデン寺「贡嘎曲德寺」はゴンガ県境に位置し、ゴンガ空港からラサへの道路の60KMそばに、ラサ近内の有名なサガ派寺院の一つで、の歴史がある。元代未年1464年に建てられ、サガ派が前蔵した有名な寺院であり、現存する主要な建物は大経堂と僧舎の二大部分であると伝えられている。大経堂は高さ2階建てで、全体の建築面積は正方形の形をしており、門前には2本の明柱があり、大経堂下の真ん中の仏殿内には釈迦牟尼仏が供えられ、左には強巴仏殿があり、塑像はいずれも大きい。仏殿門前の左右の壁には約2メートルほどのサキャ五祖の壁画が描かれ、サキャ派寺院の特徴を生き生きと際立たせている。大経堂の真ん中にある仏殿の背後には凹形の転経泛廊があり、泛廊の2つの壁には大きな仏経の物語が描かれている。その天窓の内壁には、サキャ五祖、ゲルク派の開祖ツォンカパ描かれている、さらには明らかに漢地書風の大腹弥勒仏などの絵本作品が描かれている。その造形は生き生きとしていて、色鮮やかで、ゲルク派がこの寺を支えた壁画の影響を生き生きと表現している。大経堂の左側は僧たちの僧舎で、距離は約数百メートル。大経堂の前は広埸で、両側には畏桑台が設置されている。ゴンガ曲徳寺には僧が約60人いて、文革の時にこの寺が倉庫として使われていたため、比較的完全に保存されており、大きな損失は小さい。

微信图片_20220908152254.jpg

....................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

ツルプ寺(楚布寺)/Chubu Temple

楚布寺はラサ市の西郊外から約70キロ離れており、カギュー派の主寺である。世界的に注目されているチベット仏教の活仏転生制度はここで創始され、その後チベットの他の教派によって広まった。 寺は北に位置して南に向かい、第一世によって1189年に建立され、第一世カルマパは一度の禅観の中で楚布寺が勝楽金剛壇城であることを悟り、誰でもここに来れば勝楽金剛加持を得ることができる。 楚布寺は「文革」後に再建された。寺にはラマ400人がいた。 第8世ガマバがその上師を記念して形作った銀像は楚布寺鎮寺の宝であり、銀像が形作られた後、自動的に7日間空中に浮遊したと伝えられているため、「空住仏」という説がある。楚布拉千(つまり大仏)は高さ約6メートルで、二世ガマバのために鋳造された。 楚布寺の近くには泉がこんこんと湧き出ていて、水は清らかで甘冽で、昔はガマパが神通力をかけて杖で地面に突いてできた。このほか、マチャガラ石刻塑像、ミラジュバが使っていた鉢、都松チンバの僧帽などは楚布寺弥足の貴重な宝物だ。 楚布寺を囲む吉欽波神山にも、天葬台、静修室、歴代のガマ巴閉塞洞、十七世ガマ巴が山を回る時に石に残した呪文の文字など、有名な観光地が並んでいる。

微信图片_20220908154338.jpg

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................