チベツト文化圏国際旅行会社

HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

ツェタン(沢当)観光地情報

現在のところお支払いは現地にて現金でのみ(日本円でのお支払いも可能)承っております。クレジットカード等はご利用になれませんので、予めご了承ください。

                                                                                                        ツェタンTsetan

头 037.JPG

ツェタンは標高3551メートル、山南地区の政治、経済、文化と交通の中心である。

ツェタンとは、チベット語で「猿の地」の意である。土地名の由来は、昔々、仏教の聖地・普陀山に住んでいた観音菩薩の弟子である神猿が、観音菩薩の命令でチベット高原に修行に行き、修行中に一人の魔女に出会ったという昔話です。魔女は神猿に、「自分と結婚しないと、あなたはすぐ鬼と結婚する。するとこの世は魔鬼だらけになり、皆が不幸になる」と脅されます。神猿は、観音菩薩に報告の上、魔女と結婚をしました。2人の間に子供が生まれ、その子どもの人数がだんだん増えるにつれ、今まで取って食べていた果物だけではもう生活ができなくなりました。困った神猿が観音菩薩に相談したところ、麦などの農作物を大地に蒔き、農作物を沢山植えるようにいわれました。そして、猿たちは、農作物を作り、食べ物が豊かになったため、木に登って果物を取る必要がなくなりました。尻尾がなくなり、言葉もできるようになり、やがてチベット族の祖先になったわけです。

チベット族の猿起源説はチベット民間では広く伝えられ、昔のダライ・ラマもその説を採用しています。今でも、ダライ・ラマの夏の宮殿であるラサのノルブリンカ宮殿と冬の宮殿であるラサ・ポタラ宮にはこのツェタンの民族発祥話を表現している壁画が残っています。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                  サムエ寺/   Samye Monastery

头 098.JPG

8世紀末、当時の王様「赤松松徳   テイソン デイぜん」は仏教を称賛し、インド2人の仏教大師である寂護と蓮華生をチベットに迎えて仏法を発揚し、彼らのために寺院を建設することにした。 『桑耶寺志』によると、西暦762年、赤松徳讃は自ら寺院のために定礎を行い、12年をかけて建てられ、775年に完成した。最初の建設当時、「赤松松徳   テイソン デイぜん」は建設後の光景を知りたいと急いでいたという伝説があるため、蓮華生は手の中から寺の幻に変わった。「赤松松徳   テイソン デイぜん」はそれを見て「サンエ」(「予想外」、「想像できない」という意味)と驚いたが、後にこの驚きの言葉を寺名にした。そこで同寺は国王の驚きの言葉にちなんでサンエ寺と命名された。[2] サンエー寺が落成した後、盛大な開光式が行われた。赤松徳讃はまた唐、インド、于阗などから僧を寺に招いて訳経を伝え、吐蕃の上下はすべて仏教に従うと宣言した。そのため、サンエ寺はチベットで初めて仏、法、僧の三宝を備えた正規寺院であり、チベット仏教界で崇高な地位を持っている。 9世紀中葉、ランダマ滅法後、吐蕃は仏教伝播を禁止し、サンエー寺も閉鎖された。10世紀後期に再開された後、ここは寧馬派(紅教)の中心寺院となった。サガ派が統治していた頃、この寺を修繕し、僧を寺に派遣したが、その後、ニンマは、サジャ両派が一つの寺に共存する局面となった。

........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                 ヨンブラカン/ Yumbu Lha Khang

微信图片_20220909162620.jpg

雍布拉康(ヨンブラカン)、チベット語で「母子宮」を意味し、チベット史上初の宮殿であり、チベット最古の建築物の一つでもある。山南地区沢当鎮の南東に位置し、雅砻河東岸の扎西翌日山頂に聳える。雍仲本教(ポ教)徒が紀元前2世紀に初代蔵王聶赤賛普のために建てたと伝えられ、後に松賛乾布と文成姫の山南の夏宮となり、5世ダライの時に黄教寺院に改められた。雍布拉康は主に釈迦仏像を祭っている。宮殿内の壁画には、チベットの最初の国王、最初の建物、最初の耕地の歴史物語が生き生きと描かれている。雍布拉康は2つの部分に分けられ、前部は多層建築で、後部は四角い高層トーチカ望楼で、前部とつながっている。西暦5世紀、蔵王トト念賛の時期、1冊の仏経が空から降ってきて、ちょうど雍布拉康宮の頂上に落ちたと伝えられて、当時は誰も知ることができなかった。西暦7 ~ 8世紀になるとこの本を解読できる人がいると断言する聖人がいる。だからこの本はユーフラカンによく残されている。

.......................................................................................................................................................................................................................


                                                                                                                                                                                                                                                       昌珠寺(タントゥク寺)/   Tradruk Temple


微信图片_20220909163816.jpg


昌珠寺は西暦7世紀中葉の松賛乾布の時期に建てられ、チベット史上初の仏殿である。昌珠寺はソンツェンガンポが文成姫と結婚した際に建てられた寺です。吐蕃時代のチベット初の仏堂の場所で、今から1300年以上の歴史がある。 昌珠寺は西暦7世紀中葉のソンツェンガンポの時期に建てられ、チベット史上初の仏殿である。文成姫は入蔵後、五行アルゴリズムを用いてチベットの地形を仰向けに寝ている女魔のように測定し、昌珠寺のある場所は女魔の左腕であり、寺を建てなければ鎮めることができないと伝えられている。寺を建てる前に、ここには湖があり、湖には5頭の怪龍がいて、ソンツェンガンポに化身されて大鵬が降伏してから寺を建てることができた。昌珠寺はここから「鹞龍寺」という意味で名付けられた。 その中には真珠唐卡「観音休憩図」、「蓮華生8歳等身像」、「文成姫が手で刺繍した糸唐卡」が同寺の三大鎮寺の宝である。

.......................................................................................................................................................................................................................



                                                                                                                           ミンドゥリン寺/ Mindrolling Monastery

微信图片_20220909170035.jpg

ミンドゥリン寺は、敏珠林寺とも呼ばれ、チベット仏教の寧馬派(紅教)の6大寺院の1つで、チベット自治区山南地区の扎嚢県に位置し、西暦10世紀末に初めて建てられ、。ニンマ派の総本山 ,主な仏殿は祖拉康である。敏竹林寺は仏教経典、天文暦、書道修辞及びチベット医、チベット薬などの研究を重視することで全蔵に知られており、暦年の『チベット暦年表』はすべてこれに由来している。敏竹林寺が片石で築かれた壁はチベットでも有名で、チベットの建築芸術や建築スタイルの研究にも高い価値がある。1676年 敏竹林寺、ダライ・ラマ5世の経師であるゲルク派の仏教聖典を集大成した高僧テルダク・リンパが建立したお寺です、 18世紀初頭、ジュンガル部がチベットを侵攻し、寺院建築の一部が破壊された後、ボロウが出資して修復した。 1718年(康熙五十七年)、モンゴルの将校才朗珠布は寧馬派の信仰を禁止し、寧馬派の仏像、経書、仏塔などを破壊するよう命じた。敏竹林寺の活仏、経師、訳師、施主などは多く戦乱で死亡し、寺の貴重な文化財も壊滅的に破壊された。