チベツト文化圏国際旅行会社

HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

始めでチベットへ行き方

現在のところお支払いは現地にて現金でのみ(日本円でのお支払いも可能)承っております。クレジットカード等はご利用になれませんので、予めご了承ください。

あなただけの特別なチペツト旅行をしませんか?

决められたツアーではなく自分の行きたいところだけ行きたい」

「チベット医学やチベット仏教をもっとよく知りたし」

「ホームステイをしてチベット人とより触れ合いたい」

「美しい山や花を満喫したい」

お客様それぞれが体験したいこと、見たいところは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれてぃないような特別な旅をご希望を細かく伺いプランニングいたします。ご希望にて全てのツアーに日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

チベツトへ行き方:

チベット自治区ラサへ行くには・・・まずは、旅行会社を通してホテルやガイドを手配し、入蔵証(入域許可書)を取得する必要があります。入域許可書はラサへと向かう列車の中や空港での搭乗手続き時に必ず提示を求められるビザのようなもの。忘れずに現地でお受取ください。

チベツトについて:

「チベット」と聞くと皆様は何を思↓ゞ孚かべるでしょう。「チョモランマ(エベレス1→をはじめとする美しく神々しい山々」「とこまでも続く菓原と青い空」「信仰に篤い人々」など様々なイメージをお持ちだと思います。また、ラサなどのある「チベット自治区」をまず思い浮かばれるでしょう。しかし、チベットは「チハット自治区」のみではありません。チベットの地域名としては、ウツァン、カム、アムドと昔から呼ばれており、主に青海省、四川省など(他、雲南省、甘粛省などの一音の にもたくjさム'U)チベツ下ス'が昔から住み、チベット語を話し、美しい自然の中で仏教と素晴らしいチベット文化を守り続けてぃます。 と雪柾一で所士地である青海省を中心とするアムド(アムドハイライト5日問など)を中心に、幅広くカム(北チベットジエクンド(玉樹)探検の旅7日問な中心とするチベット自治区(ウツァン)への旅(天空の列車で行くラサ・シガツエの旅8日問など)をご紹介い ど)、もちろたします。

チベット自治区ラサへ行くには:

・・・まずは、チベット現地旅行会社を通してホテルやガイドを手配し、入蔵証(入域許可書.パーミト)を取得する必要があります。入域許可書はラサへと向かう列車(青蔵鉄道)の中や空港での搭乗手続き時に必ず提示を求められるビザのようなもの。忘れずに現地でお受取ください。

ラサへの経路は大きく分けて3つ:

ラサへは1.空路、2.列車、3.車をチャーターして陸路で入ることができます。列車と航空機を利用するのが一般的です。天候によってフライ トが遅れることがあり同日乗り継ぎが難しいので、   往復とも経由地で宿泊します。   弊社の最短日数のツアーはチべッ トラサだげ4日間です。 チベッ トは標高3, 5 00m以上の高地です、   朝晩の寒暖の差が大きいのが特徴です。   乾季は1 1 日から来年3日が目安です、   高山植物の花々の観察やお 祭りの見学ならば夏、   チベッ トらしさを味わうならば巡礼シーズンの冬がおすすめです、1   1 日から観光客が少なくになるし、   巡礼者の世界とシーズンに なります、   チベッ トらしさを味わうなる、   お客様が⼤好きと思います、   まだ雲一つも無いし    ラサと郊外の雪山はとても壮観で美しいです。

チベット自治区宿泊事情:

訪れる場所によって宿泊事情は異なります。ラサなどの大きな町では、設備の整った大きなホテルがあります。西チベットやチョモランマBCなど、一部の地域では中級またはゲストハウスに滞在します

高級ホテル ラサやシガツェなどの大きな町には、立派なホテルが数多くあります。外資系ホテルチェーンとの合弁ホテル、チベット風建築のホテルなど、それぞれ特徴を競っています。お好みに合わせてお選びください。医者がホテルに常駐し、部屋には酸素が設置されている高山病対策が万全のところもあります。

【 中級ホテル 】大きな町にはたくさんあり、交通の要衝となる中規模の町では高級なホテルにあたります。ホテルによって設備は異なり、お湯の出る時間も決められている場合があるなど、高級ホテルに比べて不便なところもありますが、快適に過ごすことができます。

チベット自治区食事情:

食事は、日本人の口に合うような中華料理などが中心となりますが、本場チベットの料理や飲み物も体験していただく事が可能です。お客様の要求に応じて。日本人の口に合うレストランを手配します。しかし、チベットに来たら、私たちはできるだけ地元のチベット族の特色ある食事を手配します。

青蔵鉄道で行くチべットの旅:

青蔵鉄道でチベットへ●青蔵鉄道は西寧駅を夕方又は夜発便を利用西寧駅を夕方又は夜発の列車を利用することで、ハイライトである長江源流のトト河や野生動物の宝庫で2017年1こ世界遺産に登録されたココシリ、最高所のタング・ラ仙耒)を明るい時問帯に通過することができます。見どころの多いラサには3連泊ボタラ宮や大昭寺はもちろんのこと、チベット仏教ゲルク派六大寺院のセラ寺とデプン寺、ダライ・ラマの夏の離宮ノルブリンカやヤムドゥク湖を見下ろすカンバ・ラ仙勧へも訪問する充実の内容です。世界民高所をる月鉄Lに乗車し、聖なる都・ラサを目指します。西寧からゴルムドを経由し徐々に標高を上げて青海省・チベット自治区の境にあるタング・ラ(5,072m)を越えると、車窓には7,ooom峰のニエンチンタングラ山脈や草原が広がります。列車の旅は、景観をお楽しみいただくだけではなく、ラサへ向かう前の高所11慎応としても最適です。列車の設備列車の座席は、軟臥(上・下2段のべッド 4人1室のヨンバートメント)、硬臥(上・中・下3段のべッド)、硬座(座席)の3種類。各座席の車両のほかに食堂車が1車両連結されています。車両はカナダのボンバルディア社製で、車内は酸素が供給され、ゴルムド以降は無料で酸素を吸引することもできます。※当コースでは軟臥又は硬臥べッドを利用します。車窓からの風景長江源流・トト河やチベットガゼルやカモシカ、野ロバが生息するココシリ、標高5,068mの世界最高所にあるタング・ラ駅を過ぎるとニェンチンタングラ山脈など雪山の景観をお楽しみいただきます。

チペツト旅行にあると便利なもの:

*海外旅行保険証:万がーのためにも加入をお勧めします

帽子やサングラス:高地では冬でも日中の日差しが大変強いです

日焼け止めクリーム'日差しが強いため紫夕桶泉対策も大切です。

防寒着:高地では一日の温度差ば敷しく夜になると急激に気温が下がります。特に4,000メートルを超える高地に行く時は更でも必要です。

プラグ変換:コンセントの形状が違う場合があります。翻王は220Vてす。

その他'ティッシュペーバーなど。現地ではトイレットペーパーはど備え付けらておりません。