チベツト文化圏国際旅行会社

HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

チョモランマ.  ヒマラヤ展望

現在のところお支払いは現地にて現金でのみ(日本円でのお支払いも可能)承っております。クレジットカード等はご利用になれませんので、予めご了承ください。

                                                                                         チョモランマB.C.とヒマラヤ展望559425c41bed1e542420a25ffaae150f_8019245.jpg


チョモランマ(エベレスト)が遠方に見えてきます。チョモランマ・ベースキャンプへはシェーカルやオールドティンリーが基点の町となります。ネパール東部,中国国境に接するヒマラヤ山脈中の世界最高峰。標高8848m(他にローツェ(8,518m)、その左手にマカルー(8,463m)、チョモランマの右手にはチョー・オユー(8,201m)ヒマラヤはチベット語ではチョモランマChomolungmaといい,〈大地の母神〉の。ネパール語ではサガルマーターSagarmatha(大空の頭)。英語のエベレストはインド測量局の初代長官G.Everestにちなむ。主峰はピラミッド状で,1922年のブルース隊,1923年のノートン隊(マロリーとアービンが行方不明)以来たび重なる失敗の後,1953年5月29日英国ハント隊のE.P.ヒラリーとネパール人シェルパのテンジンが初登頂した。1970年5月日本隊(松方三郎隊長)も南東稜から登頂(世界で6度目)。主峰のほかローツェヌプツェ等があり,山群をなしている。4〜5月,10〜11月が登山に適するとされる。一帯はネパールの国立公園とされ,1979年世界自然遺産に登録た。チベットはヒマラヤ山脈の北側に位置します,ラサからカトマンズとの国境・ザンムーまで続く中ネ公路のシェーカル手前から、                            世界第1高い山    チョモランマ(エベレスト    

..................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

                                                                                                            マカルー標高8,481m

QQ截图20220909191859.jpg

ヒマラヤ山脈中部,クーンブヒマール (エベレスト山群) に属し,ネパールと中国チベット (西蔵) 自治区との国境稜線上に位置する高峰。標高は 8463mで世界第5位。マカル―(8,463m)は、世界で5番目に高い山です。自然と文化の多様性に富んだネパール東部のエベレスト山の南東19 kmに位置する孤立峰です。四角錐の形をしたマカルーには、2つの副峰があります。カンチュンツェ、またはマカルルII(7,678m)は、メインサミットの北西約3kmに位置しています。チョモロンゾ(7,804m)はメインサミットの北北東約5 kmの広い台地にあり7,200mの峠を通じカンチュンツェに接続しています。マカルーの最初の登頂は、1955年5月15日にフランス人ジャンクージーとライオネルテレイによって、北面と北東の尾根を経由して行われ、ノーマルルートが開通しました。


...............................................................................................................................................................................................................世界第5高い山    マカルー標高8,481m ...............................         

                                                                                                                               チョ・オユー標高8,201mQQ截图20220909193101.jpg





チョ・オユーは、ネパールとチベット(中国)にまたがったヒマラヤ山脈にある標高8,201mの山。「チョ・オユー」はシェルパ語で「ターコイズの女神」を意味します。8000m峰のなかでも難所が少なく、比較的登頂しやすいとされているため、エベレストを登る前に挑戦する山として登られることが多いです。初登頂は1954年にオーストラリア隊によって成し遂げられました。




......................................................................................................................................................................................................................................................世界第6高い山    チョ・オユー標高8,201m ...............................

                                                                                                                                ローツェ標高8,516mQQ截图20220909193528.jpg




ローツェは、ヒマラヤ山脈の標高8,516mの山。「ローツェ」はチベット語で「ロー=南」、「ツェ=峰」を意味しています。名前の通りエベレストの南に連なっており、エベレストの頂上とは直線で3kmの距離しかなく、7,800m付近まではエベレストのノーマルコースと同じルートをたどります。
標高差3,300mの岩壁があるローツェの南壁は最難関と言われており、多くの登山家の行く手を阻んでいます。
初登頂は1956年にスイスの登山隊によって成し遂げられました。



........................................................................................................................................................................................................................................................世界第4高い山ローツェ標高8,516m...........................................                                                                                                                                    ギャウラ43ac-1edb690b06d03cc92fd748a477b0a308.jpg

シェーカルからチョモランマ・ベースキャンプの間を跨ぐ標高5,100mの峠。ここは8,000m峰5座の大パノラマが展開する絶景ポイントです。九十九折の山道を一気に1,000mほど標高をあげていきます。訪問は夜明け前がおすすめです。まだ暗い峠は車の中で待機。空が白み始めた時にカメラを持って外へ。かなり冷え込むのでダウンジャケットや手袋を忘れずに。世界最高峰のチョモランマ(8,848m)、すぐ左隣に頭を覗かせるローツェ(8,518m)、その左手にマカルー(8,463m)、チョモランマの右手にはチョー・オユー(8,201m)が横たわります。もう少し右に目を遣ると、遠目シシャパンマも望むことができます。ギャチュン・カンやチャンツェといった7,000mの高峰も居並び、ヒマラヤの全貌が朝陽を浴びて浮かび上がる様は圧巻です。

........................................................................................................................................................