チベツト文化圏国際旅行会社

HPへようこそ!当社は現地チベツト人をチベツト自治区で数年日本語ガイド仕事してから成立した会社です、多くの日本観光客にチベツト伝統文化や歴史などをより多く方に知って欲しいと願い、設立.運営してる旅行会社です、中国にはたくさんの旅行会社がありますが、チベツトが運営してる旅行会社が少ないです、私達チベツト人だからこそ案内来る、本物のチベツト旅行を心を込めて紹介致します。私達はチベツト自治区ラサを中心として、アムド.カンム.エベレストベースキャンプ.聖山カイラスコースを計画と案内をしております、まだお客様それぞれが体験したい事、見たいとこるは様々だと思います。通常のツアーでは用意きれていないような特別な旅をご希望を細かくプランニング致します。ご希望にて全てのツアーにチベツト人日本語ガイドが同行可能ですので言葉の心配もありません。

青蔵鉄道の基本情報

現在のところお支払いは現地にて現金でのみ(日本円でのお支払いも可能)承っております。クレジットカード等はご利用になれませんので、予めご了承ください。

1 青蔵鉄道の車窓の風景

「世界の屋根」の青蔵高原には、東西を縦断する鋼鉄の大動脈である青蔵鉄道があり、これは天の道であり、さらに心の道であり、友情、幸福と美しさを乗せており、世界最高所を走る青蔵鉄道に乗車し、聖なる都・ラサへ。青海省西寧市から青海省西寧市を出発し、ゴルムド市、昆倫峠、沱沱河沿いを通り、唐古拉峠を越え、チベット自治区安多、那曲、当雄、羊八井に入り、ついにチベット自治区ラサ市に到着した。全長は1956キロで、青海湖、昆倫山、ココ西里、三江源、チベット北草原、雄大な山脈の銀嶺、ヤクや羊が群れをなす大草原…移り変わる景色をお楽しみください。


   QQ截图20220912164020.jpg

2 青蔵鉄道の5つの世界一

中国の省・自治区の中で唯一、鉄道が乗り入れていなかったチベット自治区のラサまでの鉄道が開通したのは2006年7月のこと。最高地点は5,072mのタング・ラ(峠)。南米ペルーのクスコ~プーノ間の鉄道を抜いて世界最高所を走る鉄道となりました。青海省の省都・西寧からツァイダム盆地のゴルムドまでは1984年に既に完成しており、ゴルムドからラサまでの1,142kmがその年に開通となりました。ゴルムドからラサまでには34の駅を建設。標高4,000mを越える高所であること、永久凍土の問題、環境問題など様々な困難な状況の中、約5年もの年月が費やされました。

QQ截图20220912153511.jpg

1.   三岔河大橋

標高3,800m/全長690.19

2.唐古拉(ダングラ)

標高5,068m


3.崑崙山トンネル

全長1,686m/標高約4,600m


4.風火山トンネル

全長1,386m/標高4,905m


5.唐古拉(タングラ)峠

最高地点5,072m

.

.................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................

1、チベット鉄道列車施設設備

青海-チベット鉄道は西寧市から始まり、ラサで終わります。全長は1956キロメートルです。2022911主要な駅は:デリンハ、ゴルムド、アムド、ナクチュ、ダムション。ルートに沿った景勝地には、青海湖、崑崙山山脈、ココシリ、ココシリ、タングラ山、チベット北部のチアンタン草原、ツォナ湖、ニェングチンタングラ山などが含まれます。 Hol Xil、Sanjiangyuan、Qiangtangなどの国家保護区。青海チベット鉄道全体は、高度4,000mを超える960KMを走り、一方、タングラ山駅は、高度5,100m 、世界で最も高い鉄道駅になりました。

青海-チベット鉄道の魅力は、毎年数え切れないほどの観光客が世界で最も視覚的な衝撃を経験するようになるため、自明です。平野から高原まで、その後、シーンが変化し、他の世界に入ると、電車は山までドライブされます。海抜4,000メートル以上のタングラ。これだけが観光客を興奮させます。さて、君の良い気分とカメラを持ってきて、夢の土地に向かってください。

四川-チベット鉄道は現在建設中であり、2026年に開通する予定です。

......................................................................................................................................................................................................................................................................................

施設設備:

1、車両:開放式車両、8両硬寝台、2両軟寝台、16両車両、残りは硬座と食事バーで、軟寝台券は比較的に入手しにくいので、旅行会社を通じて予約することをお勧    めします。

2、個室:青蔵鉄道の硬寝台個室は6つのベッドに分けられ、左右にそれぞれ3つのベッドがあり、布団、枕を提供し、各個室には1つのテーブルボードを置いたり、食事をしたり、各個室には1つのポットを提供したり

QQ截图20220912180456.jpg...................................................................................................................................................................................................................................................................................

3、充電:各車両の廊下位置に2-3個の充電コンセントがあり、無料充電、電圧220 V、

4、酸素供給:車両ごとに1つの酸素製造室がある。列車内の酸素供給装置は2種類に分けられ、第1、分散式酸素供給、エアコン中の空気を混合することによって、空気の酸素含有量を調節する、第二に、分布式酸素供給は、各車両の接続部と廊下に酸素供給口があり、酸素吸入管を挿して使用することができる。注意:列車はゲル木に到着してから、酸素供給システムを開くことができます。

5、洗面所:開放式トイレ、ごみ圧縮機、湯沸炉室、トイレ、

QQ截图20220912182049.jpg 6、食事サービス:食事場では従業員が食堂車を押して各車両を行き来するほか、レストランで食事をすることもできる。

7、医療サービス:世界最高標高の鉄道線であるため、列車ごとに医師と看護師を配置し、突発的な状況に対応するために、チベットに入ったどしゃ降りの川と那曲地区の駅に医療救護ステーションを設置し、突発性高原疾患に対応した。

8、登録:チベット高原を旅行しに来て、チベット鉄道に乗るにはもう一つ特別な要求があります。乗客一人一人に「健康登録カード」が届きます。そこに個人の健康状況情報を記入する必要があります。急性疾患が発生すれば、医者は患者の状況をもっと知ることができます。 列車条件:相対的に言えば、普通旅客輸送列車より人間的で、高原の悪条件に適応している。車内には電子ディスプレイがあり、リアルタイムで乗客列車内外の温度、車速、及び空気酸素含有量、海抜目盛表を知らせる。 次に、列車が青蔵高原に入った後、酸素含有量が低くなるだけでなく、屋外の紫外線が強く、風砂が大きく、青蔵鉄道の列車は二重ガラスを採用し、窓に紫外線を防ぐためのシールが貼られている。